ザーレ・ウンストルート地方

ザーレ・ウンストルート地方は、2つの川の名称からつけられた名前です。同地方はドイツの高品質ワイン生産地の北限にあたります。大陸性気候ではあるが、冷涼な気候で酸の強調されたワインが生まれます。伝統的に辛口ワインを生産しています。重要なぶどう品種はミュラー・トゥルガウで、収量が少ないため、驚くぼど繊細なワインに仕上がります。

【気候】

 

ザーレ・ウンストルート地方は年間平均降水量が500ミリの乾燥した地域です。大陸性気候で、冬と春には霜のリスクも高く、気温差も激しいため、収量は自然に落ちます。

【ぶどう品種TOP3】

ミュラー・トウルガウ

ヴァイスブルグンダー

リースリング


【土壌】

ムッシェルカルク

雑色砂岩

【ぶどう畑】

約765ヘクタール

Bereich(ベラGイヒ) 3

Großlage(総合畑) 4

Einzellage(単一畑) 39

【ぶどう品種】

ミュラー・トゥルガウ

ヴァイスブルグンダー

リースリング

ジルヴァーナー

ドルンフェルダー

ポルトギーザー

 

 


【参考文献】2017年発行 Deutsches Weininstitut GmbH出版 『Seminarhandbuch』